在宅の副業は未経験でもできる簡単な案件がたくさんある。

ここ最近は在宅でできる副業が注目されていて、実際に始める人が大分増えているようです。私が趣味で書いている方のブログでも「宅建(資格)×在宅×副業」について少し書いたところ大分読まれていますし。

で、新しく始める人が増えているなら案件の取り合いになってしまって「未経験の人には仕事が回ってこないんじゃないの?」と思うかもしれません。

ところがあるんですよね、未経験でもできる案件。しかも「特にスキルは要らないけど誰にでもできるわけじゃない案件」がたくさん。

そんな都合の良いものがあるわけ無いと思いきや本当にあります。

今回は私が使っているクラウドワークスを例にさくっと紹介していこうと思います。

(公式サイト:クラウドワークス
スポンサーリンク

未経験OKなのに誰にでも出来るわけじゃない案件がある?

最初に説明したとおり、私が使っているクラウドワークスという大手クラウドソーシングサービスを覗いてみると本当にいろいろな案件があります。難関資格持ちや業界のベテランしか募集してないようなものから未経験でも簡単にできるものまで。本当にピンからキリまであります。

その中に、スキル不要で簡単な案件が意外とあります。それがあるのが「ライティング」のジャンル。

「ライティング」と聞くと文章力が必要だとか、校正ルールを知らないと書けないイメージだとかで難しそうですが、仕事を発注しているクライアントの中にはY○utubeの動画製作者やア○ィリエイトブログをやっている人もいます。要するにあのレベルでOK。日本語が壊滅的でない人ならちょっと気をつければ簡単に書けるレベルのお仕事があるわけです。

「そんなに簡単なら募集に対して応募者が多くて回ってこないのでは?」と思うでしょうが、ここが本題です。

クラウドソーシングにはものすごくピンポイントな案件がたくさん転がっています。

「ひょっとしたらこれを書けるのは自分だけでは?」なんて案件すら出会えたりします。それを狙っていけばOK。

ピンポイントすぎる案件がたくさん転がっている。

ピンポイントな案件と言われてもピンとこないと思うので一部紹介します。(ただ募集内容をそのまま書くとたぶん怒られてしまうのでちょっとボカします。)

  • 「○○」という漫画(ドラマ)の○話~○話までの感想(ネタバレあり)
  • ○○という通販サービスで買い物をしたときの手順・体験談
  • 携帯電話を未払いで止められたときの対処の経験談

みたいな感じでかなりピンポイント。ほとんどアンケートみたいなものまで。というかアンケートそのものすらあります。

例えば、漫画で大ヒット作が出た時に「この作者は他にどんな作品を出しているんだろう?」と気になりますよね。そこですかさず「先回りして過去の作品を紹介するブログ記事(y○utube紹介動画)を出そう!」という人が現れます。自分でわざわざ買って読んで書く人も中にはいるでしょうが、実はこんなところで募集されてます。ここで誰かの副業として書かれた記事がWebサイトに載ります。

自分がたまたま昔からのファンで、既に読み終わってたり手元にあってすぐ読み返せる状態なら簡単に書けます。ライバルになるのは元々読んでた人くらい。中には「今から買って読んで案件を受ければ報酬が貰えるから実質割引で買ったようなもの」なんてポジティブな人も少しはいるかもしれませんけど。

他にも、Youtubeに良くある「スカッとした話」系動画のシナリオの元となる体験談を募集していたり、本当に様々です。

どんなにライティングのスキルがある人間でも体験談は体験してないと書けません。捏造することも可能ですがそれにも大分調査が必要ですし、バレたときにかなり大変です。

というわけで、探してみると案外「自分は簡単に書けるけど他の人は手が出せていない」なんて案件が転がっています。

タスク案件なら面倒なクライアントとのやりとりも不要

クラウドワークス内での名称ですが、おおまかに分類するとプロジェクト形式とタスク形式の2つにわかれています。

このタスク形式、募集内容を読んで開始ボタンを押したら制限時間内(基本は1時間)にサクッと書いて投稿ボタンを押すだけ。クライアントの書いている要項を無視していなければ承認が貰えてそれだけでお仕事完了です。パソコンで文章を書くのに慣れている人なら目安20分のタスク案件を10分未満で書き上がったりします。指定の文字数もあまり多くないので。

ただし、プロジェクト形式のように、クライアントに実績を見せたりテストをしたりと色々やりとりをして採用不採用が決まってから作業をして指定の形式で納品する形式よりは報酬は安くなってしまいます。

ですが、面倒なやりとりもなく空いた時間にちょっと案件一覧を覗いてみて「自分ならこれはすぐ書ける」と思ったら即開始!なんて事ができるのがメリット。プロジェクト形式だと納期に追われて最終日に地獄になったりしますからね。

自分にぴったりのものがあればプロジェクト形式を受けるのもアリ

こちらはタスクと違ってクライアントとやりとりをしながら書き上げて納品し、直したりしてOKが出たらお仕事完了になるのでちょっと手間がかかります。

ですが、タスク形式よりは報酬が良いですし、何よりクライアントに満足して貰えたら継続で仕事をもらえたりもします。

クライアントがこれから力を入れたいジャンルと自分の好きなジャンルがちょうど一致していればしばらくお仕事を回してもらえますし、こなしているうちに報酬UPなんてこともありますしね。単価UPや一定数こなした時にクライアントが好意で出してくれるボーナスはタスクにはない利点です。(出してくれるところばかりではありませんが)

これも案件の取り合いにならないような体験談などのライティングが未経験者には狙い目。他にもちょっとめずらしい職業を過去に経験していた場合は大きなアドバンテージです。

さきほども書きましたが体験談は体験していないと書けないので。(捏造は調査に労力がかかりますし意外とバレます。インターネットの世界には粗探しをすることだけを生きがいにしている人も居ますので

さいごに

というわけで、未経験だからできる案件ないんじゃないかなぁと思っている方はまずクラウドワークスなどで案件一覧を見てみることをおすすめします。

ライティングの技術があっても書ける人にしか書けない案件が転がっているはずですので。

ボカしても一発でどの案件か分かってしまうので書けなかったくらい個性的な案件があってちょっとおもしろかったりもします。そんな話に需要が本当にあるの!?なんて体験談の募集とか。

今回は「スキル不要なのに誰でも書けるわけじゃない案件は意外とある」というおはなしでした。

例に使ったクラウドワークスの公式はこちらから

(クラウドワークス公式:クラウドワークス

【関連記事】副業にする「得意なこと」の選び方、間違っていませんか?