「IT重説」の在宅ワークは求人サイト以外でも募集されている

宅建士の方が在宅ワークで副業をしようと考えたとき、最初に「IT重説 求人」で検索すると思います。というかGoogle検索のサジェストでそのように出たので、恐らく検索しているはずです。

ですが、求人サイトはやはり職を探す人がメインで使うものなので、単発の依頼や不定期で依頼する契約はあまり出てこないと思います。

そこで私がおすすめするのがクラウドソーシングのサイト。実は定期的に「IT重説」の案件が出ています。(私もプロフィールの欄に宅建士と書いているので、オファーが来てたりします)

スポンサーリンク

クラウドソーシングとは?

小難しい言葉で書くと面倒なのでざっくり説明すると、お仕事の外注化をするサービスです。

クライアントは外注したい業務内容をまとめて案件として登録し、ワーカーがそれに応募。お互いの条件が合えばお仕事を受け、完了したら報酬を貰う。

基本的な流れはこんな感じです。

もともとはアウトソーシングと呼ばれていた外注を、インターネットを介して行うものという認識でだいたい合っています。「デジタル内職」なんて訳し方をする方も居ますしね。

実際にIT重説の求人があったクラウドソーシングサービス

「クラウドソーシングにIT重説の案件が定期的に出てますよ」とだけ書いて終わらしてしまうとさすがに不親切なので、私が実際に確認した「IT重説の案件があったクラウドソーシングサービス」を2つほど紹介しておきます。

クラウドワークス

1つめは業界大手のクラウドワークス(公式サイト:CrowdWorks )です。

クライアントが色々な業務を案件として登録しているのでそこに応募し、話がまとまれば業務開始といった形が主ですが、登録しているプロフィールを見て企業側からオファーを振ってくることもあります。

過去に業務をこなした際の評価が他の方にも見えますので、誠実にこなして高評価と実績数を稼いでいれば、企業からオファーが来る確率も増えます。あとプロフィール欄での実績PRも大事。

報酬をもらうときにシステム手数料として一部をクラウドワークスに天引きされますが、仕事を取るための営業費用だと思いましょう。

業務前にクライアントがクラウドワークスに報酬を仮払いし、業務完了後にクラウドワークスからワーカーに支払われるシステムなので、仮払いがされたことを確認してから業務を開始すれば未払いが起こりにくいのも重要なポイントです。そのために手数料を払っているようなもの。

基本的には単発の案件になりますが、クライアントによっては定期的にオファーをくれるケースも多々あります。継続で定期的に貰えればお互い無駄なやり取りも減ってありがたいところ。

クラウドワークスには月に2回の締日と報酬支払日がありますが、「クイック出金」というオプションを使うと早めに受け取れます。(ただし若干手数料をとられてしまいます)

ランサーズ

こちらも業界大手のランサーズです。

さきほどのクラウドワークスと比べると少し堅い感じがするクラウドソーシングサービス。

募集されている業務内容から受けたいものを探して応募し、クライアントに選ばれれば受注。

クライアントがランサーズに報酬を仮払いしたのを確認したら業務を開始し、完了後にランサーズから報酬の受け取り。

といった流れです。先ほどとほとんど変わってませんが。(用語は変わっていたりします)

こちらも月に2回の締日と報酬の受け取り日があります。15日と月末。

スキルシェアサービスで「IT重説の代行サービス」を売る

クラウドソーシングだけではなく、最近流行りのスキルシェアサービスにもIT重説の仕事はあります。

某超大手動画サイトの「好きなことで生きていく」ではありませんが、自分の得意なことをサービスとして売るためのシステムです。

せっかく宅建士を持っていて独占業務をできるのだから、サービスとして売るという手もアリです。実際に「IT重説代行」をサービスとして出品している方が居て、受注実績も付いています。

※私が実際に確認したのはココナラ(公式サイト:ココナラ )です。

さきほどのクラウドソーシングのように案件に応募するわけではなく、サービスの売り手として登録するのでPRの腕はすこし必要かもしれないところが難点でしょうか。

サービスの利用料は報酬の一部から天引きされるのが基本ですが、どこも大体同じようなものです。未払いのリスクを減らすために払っていると私は割り切っていますが。

宅建士の在宅ワークはIT重説だけではない

いままで説明してきたクラウドソーシングサービスやスキルシェアサービスを実際に覗いて検索してもらっていればわかると思いますが、他にも色々な業務ができます。

重要事項説明書類作成のほか、宅建士の知識を活かしてWebサイトの記事を書く業務や、宅建士を受験する人向けの問題解説などなど。

スキルシェアサービスなら自分でサービスを自由に考えられるので、もっと画期的なサービスもあるかもしれません。私には考えつきませんけど。

というわけで、宅建士を生かして在宅ワークをするならIT重説以外の業務も探してみるとおもしろいかも知れません。

実は宅建士を持っているとWebライターとしてもちょっとだけ有利になったりします。(というお話を別記事で書いています。)【在宅ワークで有利になる資格、宅地建物取引士(宅建)が大穴でした。

おわりに

というわけで、在宅ワークで主流のクラウドソーシングやスキルシェアといったサービスでも、IT重説の仕事が出ていますというお話でした。

※常にIT重説の案件が出ているわけでないことには注意。多いときは多いですし、無いときはありません。(スカウトとしてクライアントから直接オファーがくることはあります)

また、在宅ワークをやるならIT重説以外の宅建を活かせる業務も色々あるので、見てみるとおもしろいかも知れません。

実務の経験がある人にしか書けない体験談や、業界の人しか書けない話などを募集しているクライアントさんも居ますしね。

私の場合はWebライティングですが、クラウドワークス(公式サイト:CrowdWorks )にお世話になっています。