まだコピペをCtrl+Vで貼り付けているんですか?

「コピペ」こと「コピーアンドペースト」はパソコンを使って文章を作る上で必須のテクニックです。

で、以前からパソコンを使っている人はショートカットキーを覚えていてまったく意識せずに今も使っているのですが、実は今のWindows10には便利なショートカットがあるんですよね。

結論だけ言ってしまうと[Win]+[V]が新しいタイプの貼り付け機能。

スポンサーリンク

Win+Vはクリップボードからの貼り付け

Ctrl+Vでも一旦クリップボードに保存したものを貼り付けているから一緒じゃないの?と思った方はパソコンに慣れていて素晴らしいです。

ですが、このWindowsキー+Vの場合はちょっと違います。正確には貼り付けではなく、「クリップボードの履歴を表示して貼り付け」という機能。

過去にコピーした内容をずらーっと並べて表示してくれるので、その中から選んで貼り付けるもの。

文章だけではなく画像も履歴に入ります。

ただし、一覧から選ぶという余計な動作が入ってしまうため「最後にコピーしたものを貼り付ける」という場合は従来のCtrl+Vの方が早いので注意。といっても履歴の一番上にあるのでEnterを追加で一回叩くだけですが。

どんなときに使うべき機能?

後で貼り付けようと思ってコピーしておいたと思ったら何か違う文をコピーしていたとき。

私が一番使うパターンはこれです。

コピペしようとしている最中に他の作業が入ったりして、つい無意識に他の部分もコピーしちゃったケースです。で、いざ貼り付けてみたら「これじゃない!もう一個前!!!」となる悲しいパターン。

こんなときにWin+Vを叩けば2番目3番目に残っているのでさっと貼り付けられます。

同じような入力が何度もある場合

仕事上で大量の申請書類を処理するときや懸賞への応募など。

同じような入力フォームを何度も処理するので面倒ですが、項目別にコピーしてクリップボードに残しておけば2回目からはWin+Vを叩いて該当するものを選べば貼り付けOK。

以前は同じことをするためにわざわざ別のソフトを入れていたのでWindowsの機能として標準装備されたのはありがたいところ。

完全に余談ですが、モニタ1枚のPCを使って数百件単位でほとんど同じ申請を繰り返す業務をしていた知人に教えたところ、締め切り前は毎回残業地獄だったのに残業なしで完全に終わってました。掛かった時間が3分の1。元々パソコンが得意な人が居ない会社だったのもありますけど。

いつも使う内容がある場合

いつも使う内容がある人もこの機能が有効です。

クリップボードのピン留め

クリップボード履歴の保存したい文章の右上の「…」を選ぶと「ピン留めする」の項目があります。

このピン留めをしておくとその内容がずっと残ります。なんとパソコンを一旦閉じてでも残る勢い。(設定次第だったかもしれません)

というわけで、毎回どこかからコピーして貼り付けてるような内容がある方はこの方法でピン留めしておくと手間が省けます。

やると便利なのは確かですが、何かのパスワードをここにピン留めするのはやめましょう。

Win+Vのデメリット

なんだかんだでいくつかデメリットはあります。

さきほども書いたように「最後にコピーしたものを貼り付ける」というパターンの場合は選択するための1アクションが増えてしまうこと。

他にも画像を貼り付ける場合の挙動に注意。見た目の上では全く同じに見えるのですが、厳密にはちょっと違うことになっています。ちょっとだけ細かく言うと、画像データは表面上見えない部分にも色々なデータが入っているのですが、そこが削ぎ落とされたりしています。

画像関連は他にもちょっと挙動が難しいところもあるので、文章をコピペするときだけ使うようにすることをおすすめしておきます。

まとめ

というわけで、PCを前から使っている人ほど気付かないWin+Vというショートカットとその機能についてのお話でした。

効率だけ言うなら、最後にコピーしたものを貼り付けるならCtrl+V、それ以前にコピーしたものを貼り付けるならWin+Vとすると最善だと思います。

ただし、最後にコピーしたものを貼り付けているつもりでCtrl+Vを叩いたら違うもので上書きされていて「これじゃない!」と叫ぶことになる可能性は発生します。

主に私に。