在宅ワークを効率よくするならモニターの追加が必須!特に事務作業。

在宅ワーク、特に事務作業をするならモニターを2枚以上にするのは必須だと私は常々言っていますし、知人の会社でも事務の方のパソコンで2枚以上使っていなければ増やすようにオススメしています。

おすすめすると「パソコン得意なわけじゃないし画面が増えてもつかいこなせるか……」と答える方が多いのですが、実際に2画面になるとどうなるのか想像が出来ていないだけなんですよね。

私がオススメした中で、実際に増やしてから「何も変わらなかった」と答えた人はいません。

というわけでいまいちピンと来ていない方のためにモニターを増やすと何がどう変わるかをサクッと書いていこうと思います。

あと費用面ですがやる気なら3,000円で追加できます。

スポンサーリンク

画面いっぱいに資料を表示したまま作業ができる

事務作業でよくある「資料を見ながら社内用のエクセルにデータを打ち込む」という作業。定番中の定番の作業ですね。

この作業をするとき、正面のモニターには今まで通りエクセルを1画面でどーんと出したまま、横のモニターには資料を画面いっぱいに出したままで作業が出来ます。

私の知っている会社(投資家向けに1件数千万円~2億円の物件を売ってました)でも「資料の束を先に印刷してそれを見ながら打ち込む」なんてアナログなやりかたをしてました。

確かに印刷してある資料を見ながらでもできるんですが、印刷してある資料では「特定のワードで検索」や「特定の項目の数値の大きい順に並べ替え」は出来ませんし、コピーして貼り付けも出来ません。でも2画面なら可能です。

いちいち資料を印刷していたら印刷費用もかかるし余った紙の処分も大変。それが不要になります。

片方の画面でWeb検索しながら作業ができる

データ打ち込みではなく文章を作る作業のときに役に立つパターンです。

正面は今までと全く同じ使い方をしたまま、横のサブモニターではGoogle検索で調べ物がし放題。

わざわざ画面を狭くしたり切り替えたりする必要もなく、何か参考になるものが見つかればそれを横画面いっぱいに表示して見ながら正面の作業が出来ます。

何かトラブルがあったときや新しい動作を学ぶ時も、横画面でYoutubeなどにある解説動画を再生しながら実際に正面のモニターで自分で同じようにやってみることも可能。横にスマートフォンを置いて小さい画面で見ながらやらなくても同じ大きさの画面でそのままできるわけですね。

画面共有時に自由に使えるスペースができる

リモートワーク用のツールで自分のパソコンの画面を共有して相手に見せる場合、いつもならパソコン内の画面が全て見えてしまいます。

ですが、2画面にして「正面のモニターの領域だけ共有」という設定にしておけばサブディスプレイで何かしても映りません。サボってソリティアで遊ぶためではなく、横で次の資料をすぐに出せるように用意したりいろいろ出来ます。

もちろん設定すれば1画面で同じようなこともできるのですが、共有している領域が狭くなるのでかなり不便です。

中古モニターならたった3,000円から手に入る

型落ちの古いモニターなら3,000円以下で中古で販売されています。例えばジャンクワールド(激安中古パソコンショップ【junkworld】)では19インチの訳アリ品が3,000円以下。普通の17インチ~のモニターが中古でも3,000円台~で売られています。

古いモニターなので端子がHDMIに対応していませんが、D-Sub(VGA)ではなくDVI対応のモニターなら1,000円以下で買えるHDMIとDVIの変換アダプタを使えばOK。こんな感じのもの。

DVI変換アダプタ DVIをHDMIに変換

価格:318円
(2021/6/10 13:39時点)
感想(38件)

アダプタではなくDVIとHDMIが片方ずつのケーブルも楽天ならこんな感じのお値段で済みます。

vodaview HDMI-DVI 変換ケーブル1.0m【DVI⇔HDMI 両方向対応】〔黒〕〔全結線仕様〕【メール便 送料無料】

価格:960円
(2021/6/10 13:34時点)
感想(22件)

※D-sub(VGA)とHDMIは信号が違うので信号変換機能付のアダプタを選ばないといけません。

ただDVIは種類がいくつかあるので注意。「DVI 種類」で検索すると画像つきで出ますし、右側のー部分の形でわかるので資料画像を見ながら見分けるのは意外と簡単です。

最新機種でないノートパソコンならHDMI端子が主流ですが、事務用のデスクトップパソコンだとHDMIの他にDVIも付いている事が多いですし、未だにD-Sub(VGA)が付いているものもあります。その場合はそのまま繋げるので余計な出費なし。

もし端子が一つしかないデスクトップでもグラフィックボードを取り付けるだけで端子を増やせますし、4,000円ちょいの安いグラフィックボードを取り付けるだけで3画面まで増やせたりします。

さいごに

というわけで、在宅ワークでパソコンを使うなら最低でも2画面あると便利ですよ!という話でした。

実際、事務処理をするにあたって画面を2つにすると30~50%くらい作業効率が上がるというデータが出ていたはずです。

もともと10時間で1万円分の事務作業をしていた場合、同じ時間で1万4,000円分の作業が終わってしまうので、激安の中古モニターを購入したくらいなら2~3日で元が取れてしまう計算。(※モニター1枚で事務作業をしている人の上司を説得するときに私がよく使っていた表現です)

ぜひともモニターを増やして快適に作業をしてみてください。※Youtubeを見ながら作業をするという意味ではありません。

私は正面モニターでブログを書く画面を開きつつ、左画面でYoutubeの動画を見ながら右画面で書いている内容が正しいかWeb検索してチェックしながらこれを書いています。

接続端子が1つしかない事務用デスクトップパソコンの人向けに、激安グラフィックボード(4,000円ちょい)を増設して3画面にするお話も別途書く予定です。 書きました。【パソコンのモニターを増やすためにおすすめの激安グラフィックボードGT710】